正面参道の南を西へ流れる鹿野川に懸る滝は、朝光寺周辺にツクバネが多く自生しているところから「つくばねの滝」と呼び名され親しまれている。
ツクバネはビャクダン科の植物で、果実の形が羽子板で突く羽根に似ているので衝羽根と名付けられた。全国的に大変珍しく、昭和58年10月に社町の天然記念物に指定し保護している。

の滝